デザイナーズ住宅と注文住宅の違いを把握し、建てたい家を建てる


デザインの家

案内する男性

住宅の多様性

一戸建てを建てる上で注文住宅の住宅でデザイナーズ住宅を建てる人が増えています。
注文住宅は自分の理想の住宅を建てる事を言いますが、デザイナーズ住宅はデザイン性も重視した特別な住宅になっています。

オリジナリティを

デザイナーズ住宅の最大の特徴として、他には無い一つだけの家という事が挙げられます。
オリジナリティを目指してデザイナーズ住宅を建築する人が増えています。

完成イメージ

一方注文住宅はある程度決まった間取りの中から自分の好きな機能を次々と追加していくもので、ある程度の完成形をイメージする事が出来ます。
しかし、デザイナーズ住宅は建築家と一緒に建築計画を作っていくもので、基本的には完成するまで確定されたイメージはありません。
その為、完成形をしっかりとしてイメージする事が大切になります。

価格の傾向

注文住宅では、建材を安いものに変える事により、コストをある程度抑えることが出来ます。
一方デザイナーズ住宅はどうしても注文住宅より割高になってしまう傾向があります。

土地から始まる

:説明する男性と女子

デザイナーズ住宅を建てたいと思った時、外観や内装に気を取られがちになってしまいますが、実は土地選びから重要になってきます。
これは、注文住宅でも同じことが言えます。
周辺のインフラ環境のチェックや、地盤のチェック、法的な制限があるかどうかといった基本的な事を予め調べて土地を選ぶ必要性が有ります。

More →

デザインと機能を追求

モニターとマウス

外観や土地の次には、住宅を建てる多くの人が注目する間取りを決める事になります。
間取りを決めるには、建築士とのコミュニケーションが何よりも重要になってきます。
建築士に上手くイメージを伝えられる事が、デザイナーズ住宅を建てる際には重要なことになってきます。

More →